広告


ホーム > 全ての記事一覧 >

ガバガバ自己採点のススメ

投稿日:2018年7月7日 (土)



ガバガバ・・・大きくてしまりがなく、ゆるんでいる様子。服の寸法が大きすぎて着ても余っている部分が多いさま。
(「実用日本語表現辞典」より)



お久しぶりです。模試大爆死しました、荒川です。
岡崎市はじめ西三河地方では、2年生になると「西三(せいさん)テスト」という模試を学校単位で受験します。
問題や成績個票、志望校判定のシステムは進研模試と全く同じですが、それとは別に西三河地区での自分の成績が出るらしいです。

ところで皆さん、模試が終わったら勿論、自己採点しますよね?特に私の通う高校では、自己採点の結果を担任教師に提出しないといけないので...
ただ、ここで問題になるのが、個人的な採点の基準。模範解答には詳しい点数配分が書かれていないので、毎回迷ってしまいますよね。特に国語と英語の記述問題。

私の場合は、「数学」と「国語・英語の選択問題」以外は全て誤答扱いにしています。 「ガバガバ採点」とはこの事です。
選択問題だけを採点しても40点程度は取れるので、点数で落ち込む必要はありません。それに記述問題の得点があるので、実際の得点は自己採点より40~50点程度上がります。
逆に、自己採点で高得点を出しておいて後から悪い結果が出た方が落ち込みますよね。

個人的な考えですが、是非皆さんも試してみてください!

記事検索



広告


広告


メニュー